「是々非々」


  平成18年1月23日にライブドア社長が逮捕された。企業のありかたとして利益、売上拡大を目指すのはいい。ただ経営者は「是々非々」つまり良いもの、悪いものを判断する姿勢が求められる。違法な取引をすることで株価を上げる、上がった株を売る、そこに利益が出る。報道されていることが事実だとしたら、「是々非々」を判断する彼のものさしはなんだったのか。会社利益のためにはなんでもやっていいことではないし、またやって許される範囲でもなかったはず。企業家としての「是々非々」はどこにあったのか、つまりホリエモンの中でやっていいことと悪いことの判断基準はどこにあったのか。
 ITの寵児は何か間違いを犯したのか。若さとか社長の驕りがあったのか。もてはやされていた時のホリエモンを「さすがだな」「若さは凄い」、そう羨望していた一人だし、若い人たちの中で「ホリエモン」を目指している人も少なくないと思う。そこにサクセスとか夢があるからだ。
 逮捕されてから「ホリエモン」に対して、世間の見る目が変わってしまった。色でいえば、オレンジがグレーになったようなものなのだ。交通違反を犯したようなものと言った大臣もいた。彼がやったことは、誰に迷惑をかけたのか。株主なのか。少なくとも私は株を買わないから影響を受けていない。従業員なのか。ユーザーなのか。社会的影響が大きいからか。影響力が大きいといえば、システム障害を起こしたりする東証の方が影響力が大きい。株の売買は経済への影響が大きいからシステムの障害はあってはならない。
 こうまで社会問題としてマスコミが騒ぐのはなぜなのか。ひとつには話題の人だからだろう。マスコミの報道にも、事実、真実、本音、曲解があるはず。視聴率、話題性重視だってある。彼の若さとサクセスに対する妬みもあるだろうか。「ヒルズ族」とか格好いいではないか。頭もいい、アイデアもあり、運もついて、行動力、お金、人、色々な要素が絡み合って生まれてきたのだから「すごい」のだが。彼が今経験していることは、天国から地獄なのかもしれない。皮肉な言い方かもしれないが、天国も地獄も経験する人生はなかなかできるものではない。
 彼がやっていることは自信にみなぎっていて、大きく勝負に出た結果なのか、当たりはずれが大きいが、問題を起こしてしまうほど大きな力を持っていたのか、これも結局は企業エゴだったのか。ライブドアとは異なるが、昨今企業の売上、利益を求めるあまり、原価削減が耐震偽装だったり、高齢者に必要のないリフォームを注文させて売上を上げさせたり、といった社会問題が世間を騒がせている。これらの企業にとって、ユーザーの立場、利益を考えることもなく売上、利益だけを追求していく姿勢は企業エゴではないのか。儲けるだけ儲けた。その結果、企業はどうなったのか。
 会社を潰したいとは思っていなくても、結果として潰してしまう。みんな一所懸命頑張っていたはずなのが、どこかで踏み外す。バブルもひとつの例だ。「バブルの時はお金がガバガバ入ってきた」そんなおいしい思いを表現する経営者の話を聞くことがある。おいしい思いと奈落の底はペアで付いてくるような気がする。
 逆も真なり。非常に苦労をしていても、足踏み状態から、何かのきっかけで飛躍的に伸びたりする企業もある。企業が存続していれば、必ず次に訪れてくるチャンスを掴むことができる。ただし「自分の会社だけの利益を考えた企業エゴ」では存続はありえないし、待っているだけではチャンスは掴めない。実はチャンスを掴む力は「日々勉強と継続する意思」だと私は確信している。もちろんそれだけでは100%ではないが必要条件だ。チャンスを掴むのは結果だから、何もしなければ、何も生まれない。何かをするから、何かが生まれる、これは道理だろう。何もしなくてもお金が入ってくるのだろうか。どう考えても何も起こらないような気がする。もっとも地球は回っているので、常に変化していると見るのが正しい見方だろう。何もしなくても周りは変化している、その変化が自分にとって大きく影響する場合もあるからそれに期待する手もあるのかもしれないが、私は自ら変化させていくことを好んでいるだけだ。