「20周年と継続マーク」


  ナビックも今年20周年です。もっと大きく展開しているのが僕の目標です。現実はまだまだですが、気持ちは大きく持っています。「継続」が理念ですが、それは今でも変わりません。20年前に20年後のナビックは想像できませんでしたが、こうやって振り返ると、将来性とは一歩一歩の積み重ねでしかないのが実感です。20年前に20年後の将来性を問うてみても無意味ですね。そんなことは分からないというのが僕にとっての答えだからです。これから先も20年後のナビックを想像しても分からないと思います。
 それでいて、将来性があるとか無いとかを一生懸命考えて会社に応募してこられる方とか、辞めていく社員がいたりします。「会社の将来に不安」と言って辞めていかれた社員もいました。もっと立派なのは「会社の経営方針が合わない」と言って辞めていかれた社員です。経営するのは経営者ですから経営方針を決めるのも社長です。その社員は社長の考えに合わないから辞めていくということだと思います。将来性よりわかりやすい。優秀な方でした。
 今日までやってこられたことで何を思ったかといえば、私にとって、一人では決して会社は存続しないということです。つまり、会社が存続するのは売上があるからで、売上がなければ存続できません。売上を上げることができるのはお客様がいるからで、そして売上を上げているのは社員さんがいるからです。
 つまりナビックは、社員さんがいなければ売上が上がらない会社だということです。もうひとつ、お客様がいなければこれも売上が上がりません。この両方があって会社が成り立っています。その両方を支えるのが経営でもあります。私一人で売上が上がるわけではない、お客様がいても、技術者がいなければ売上を上げることができない。技術者がいても、お客様がいなければ売上を上げることができない。だから無理しても技術者を育てなければならない。そしていつでも技術者を出せるようにお客様と接しておかなければならないのです。
 これらの繰り返しの20年でしたが、それだけで今日まで乗り越えてこられたわけではありません。継続マークは最初から付いているわけではないからです。当然経済に左右されます。その20年の中にはバブルが弾けてしまって世の中仕事が無くなるのですが、ツキがあったお陰で、その時期は仕事があったのです。これって不思議です。世の中仕事が無いのに、ナビックには仕事があるのです。ここにも継続マークが付いているのです。
 節目節目で継続マークが付いたお陰で、継続できたというのが実感です。だから、これから先、その継続マークが付いてくれるかは分からないのですが、一歩一歩歩んで行くこと以外に方法がないように思えるのです。一歩踏み出した瞬間に継続マークが付くような気がします。
 社員の方が会社の何に将来性を持たれるかわかりませんが、みなさんが感じたものと、私がナビックに何を感じ、何をやってきたか、みなさんの思うナビックの将来性と私が感じる将来性は別物かもしれません。私にしてもみなさんと同じで、他社を見て「あの会社はもたない」と思ってもしっかり存在していたりしてますから、当事者以外は分からないというのが正解のような気がします。
 会社の将来性は会社の経営者で決まりますし、皆さんの将来性も皆さんで決まります。会社の将来性に期待するのであれば、私についていくしかありません。自分の将来性に期待するのであれば、自分の道を歩むべきです。ただとりあえず選んだナビックであっても、選んだ自分を信じて頑張ればよいと思います。
 頑張るときに「不平、不満、愚痴」は役に立ちません、「不平、不満、愚痴」では給料は絶対に上がりません。なぜなら、そのような人は評価されないからです。私が評価しないのではありません。周りが評価しないのです。「仕事がおもしろい」と思って仕事をしていると仕事がおもしろくなり凄く生活に役立ってきます。なぜなら仕事がおもしろいから、お客様から評価されて給料が上がってくるからです。そうすると、また継続マークがオンになってご自分の将来が一歩進みます。