「人生後半は与えていくこと」


  会社の話で恐縮ですが、会社設立20年になりますが、この20年を振り返ってみると、20年は頑張るぞと思って会社をやってきたわけではありません。20年やれると思ったこともありません。会社は人、社員さんがいて成り立っていますから、社員さんが明日にでもいなくなれば、その時点で会社はありません。
 今日も仕事できた、今日も仕事できた、の繰り返しで20年になったわけです。明日、来年ぐらいまでは考えていると思いますが、10年後、20年後をどうするかを考えても考えられません。このくらい世の中の変化が激しくなれば、将来を予測することは困難な気がします。
 自分の仕事も同じようなことが言えるのではないでしょうか。新入社員が入ってくる時期ですが、右も左も分からず、仕事を通して、色々なことを学んでいくのだと思います。仕事が向いているとか向かないとかいうのは、自分に分かることではないように思うし、また仕事が向いてないからといってやめてしまったら、何も学べない気がします。
 ましてや何も分からないのに、会社の将来性とか自分の将来性をとやかく言っても始まらないし、それより、まず目先の仕事を片付けることが先決です。それも気を抜いて仕事しても将来にいい影響は与えないと思います。日々の仕事を一生懸命やる、向いているとか向いていないとかに関係なくです。そのことが大事だと思っています。
 少なくとも目の前に置かれた仕事が出来ない人が自分の将来を描いたとしてどんな将来があるのかわかりませんが、常に迷っている将来があるような気がします。つまり将来になっても、自分の方向性を決めきれないでいる状態です。
 20年前の当時を振り返っても、自分に沢山の道があるようには思えなくて、愚直なほどに目の前の仕事をこなしていたように思います。もちろん、将来に対して不安や心配がなかったわけではないと思いますが、結局は今の仕事以外やったことがありません。
 今日の自分があるのは、目の前に置かれた仕事を日々やってきた結果です。それも人に頼まれれば、頼まれたことをやっていたし、頼まれているうちが花ぐらいに思っていましたから、お金にあまり左右されずに仕事をやっていたし体を使っていました。それがよかったのかどうかはわかりませんが、今日、こうやって仕事をいただけていることを考えると、その道でよかったということだと思います。
 最近、求人で応募してきた人との面接の中で、私と同じ位の年齢の方と話す機会がありました。もしその方の席に自分が座っていたら、と想像すると、大変だろうとついつい同情的になるのですが、面接を通して感じたことは、今、私に仕事があることへの感謝と、また今の仕事を一生懸命に乗り切らなければ次がないということでした。
 迷いだとか、悩みだとか、不安だとか、不平や不満を抱えもって会社を変わって将来を見出す方もいるかもしれません、会社がつぶれて転職もあるでしょうし解雇もあるでしょうから、運、不運もあるのでしょうが、まずは20年目の今日、自分に仕事があったことに感謝です。
 私が仕事をするのは、会社のためでもあり、社員のためでもあり、家族が生きていくためでもあるのですが、人生後半は人のために生きていくこと、与えていくことと何かの本で読んだ記憶があります、私も人生後半ですので、人のために何かを与えていくことで人が喜んでくたらいいと思います。